情報システムの開発チームでは、チームワークが重要である。チームスタッフが互いに役割を認識して仕事に取り組むことで、重要な仕事をやり遂げることができる。企業スタッフとして開発チームに所属するときはもちろんのこと、フリーランスとして開発チームに属する場合にも、その点について強く意識する必要がある。
フリーランスとして自由な立場で仕事をこなしていると、時に独断で動いてしまうこともある。そうなると、開発チーム内のチームワークを乱すことになりかねない。

開発現場で指揮を取る立場にあるディレクターともなれば、なおさらチームワークについて重要視する必要がある。ディレクターの立場を忘れてしまうと、責任者としての信頼をチームメンバーから得ることができない。その結果、ディレクターとして携わっているシステム開発のプロジェクトが失敗する可能性すらある。

フリーとして任せられた仕事をやり遂げるためには、現場監督の立場を意識し、チームをまとめることに集中する必要がある。自身が取るべき対応について冷静に分析し、まとまりが取れるように行動すれば、その行為にチームメンバーも応えてくれる。フリーランスとして開発チームを率いていて、他のスタッフとうまくコミュニケーションが取りづらい場合には、自身の立ち位置や振る舞いについて、客観的に分析してみるべきである。するとそこから問題点が見えてきて、チームの調和につながる対策のヒントが見つかる。
こうして自らを改めて見つめなおすことで、さらに良い案件を獲得することに繋がるだろう。