顧客に対して製品を提供するIT企業においては、全体の統率を行う最も重要な人物としてITディレクターの存在がある。この役職はプロジェクト全体の進行を把握するのが主な業務であり、部門間の進捗状況の調整を行うほか、顧客に対してのプレゼンテーションを行うなど全体を率いる能力が求められるという重要な役割を求められるのだ。

ITディレクターとして働くためには、それまでの経験の積み上げが必要不可欠となるが、実際に現場の統率を行ってきたこと、顧客に対して製品のプレゼンテーションを行ってきた経験などを基にして、どのようにプロジェクトを動かすのかの判断は経験があるからこそできるものであると言えるのだ。
しかし、IT企業においてはこのような経験豊富な人材が不足しているケースも少なくないため、フリーランスとしての業務を行っている方もいる。

フリーランスのITディレクターとして働くには自分自身の豊富な経験が必要であるし、ITを活用している企業に対してのアピールを行う力も必要となってくる。
実際にプロジェクト全体を動かす段階においては、開発チームが抱えている様々な問題点やプロジェクトの方向性などに対して適宜助言を行っていくことが重要で、このような助言を元にプロジェクトを成功に導くために真摯に取り組まなければならない。

フリーランスとしてこのような仕事を行うのであれば、経験の豊富さだけでなく高いコミュニケーション能力も重要となる。